外国人から根強い人気を誇る日本酒。その人気に火を付けた“立役者”がいる。それは「獺祭」で有名な山口県岩国市にある旭酒造だ。

旭酒造は、2018年4月にエリゼ宮やエルメス本店などがあるパリ8区のフォーブル・サントノレ通りに「獺祭 ジョエル・ロブション」をオープン(2022年にクローズ)。

美食の名声をほしいままにしているジョエル・ロブション氏(故人)が旭酒造とコラボレーションしたということで、大きなニュースとなった。これを機に、「獺祭」の名前も世界に知れ渡ったといえるだろう。

ニューヨーク・ヤンキースのスポンサーにも

直近では2022年からは「アジアのベストレストラン50」で、日本から唯一のスポンサーとして協賛し、美食の発展に努めている。メジャーリーグベースボール(MLB)のニューヨーク・ヤンキースと2022年度および2023年度のスポンサー契約を締結したことも特筆すべきことだろう。

また2023年9月には、ニューヨーク州ハイドパークに最先端の酒蔵とテイスティングルームをオープンし、現地で「DASSAI BLUE」の販売を開始。「パリ獺祭の会」「モナコ獺祭パーティー」「台湾獺祭の会」「シンガポール獺祭の会」と、世界中で「獺祭」を認知してもらうための活動も行っている。

まさに世界に日本酒を広めるための活動に尽力しているといっていいだろう。

とはいえ、最初からすべてがうまくいっていたわけではなかった。