中国の電子商取引(EC)大手、京東集団(JDドットコム)の業績が伸び悩んでいる。

同社が11月15日に発表した2023年7〜9月期決算では、売上高が2477億元(約5兆1550億円)と前年同期比わずか1.7%の伸びにとどまった。純利益はストックオプションや投資損益などを控除・調整した非アメリカ会計基準(非GAAP)ベースで、前年同期比6%増の106億元(約2206億円)だった。

ネット通販の販売収入が減少

7〜9月期の業績が伸び悩んだ主因は、総売上高の8割近くを占める(ネット通販事業による)商品販売収入の減少だ。決算報告書によれば、売上比率が大きい(スマートフォンなどの)コンシューマー用電子機器や家電製品の販売が振るわず、7〜9月期の商品販売収入は前年同期比0.9%の微減となった。

京東集団のCFO(最高財務責任者)を務める單甦氏は、7〜9月期の商品販売収入が減少したことについて、「前年同期の数字が良かったことも関係している」と決算説明会で釈明。さらに「日用雑貨カテゴリーの需要回復が遅れており、(7〜9月期の)売り上げが2.3%減少したことも影響した」と述べた。

商品販売とは対照的に、京東集団の7〜9月期のサービス事業収入は523億9400万元(約1兆904億円)と前年同期比12.7%増加。好調な物流事業が牽引車になり、総売上高に占めるサービス事業収入の比率は21.2%と過去最高を記録した。