中国の民営自動車大手、吉利汽車(ジーリー)の持ち株会社の吉利控股集団は11月17日、同社が保有するスウェーデンの乗用車メーカー、ボルボ・カーの株式のうち1億株を売却すると発表した。

この売却が完了すると、吉利控股のボルボ・カーに対する持ち株比率は82%から78.7%に低下する。同社は今回の株式売却を通じて約3億5000万ドル(約525億円)の収入を見込んでおり、その資金を傘下のブランドのグローバル化に投じるとしている。

吉利控股はベンツにも出資

吉利控股は中国の自社ブランドの育成と同時に、海外の自動車メーカーの株式を積極的に取得してきた。同社の出資先はボルボ・カーのほか、ドイツのメルセデス・ベンツ・グループ、マレーシアのプロトン、韓国のルノー・コリア自動車などが知られている。

ブルームバーグの報道によれば、ボルボ・カーの株式売却ではアメリカのゴールドマン・サックス、フランスのBNPパリバ、スウェーデンのスカンジナビア・エンスキルダ銀行の金融大手3社が、売り出しの幹事業務を共同で引き受ける。売却手続きの完了後、吉利控股の手元に残ったボルボ・カー株には90日間の販売禁止(ロックアップ)期間が設定される。