前回の「日本は『独り勝ち』のチャンスを台なしにしている」(11月11日配信)に続き、経済学者ヨーゼフ・シュンペーターを取り上げる。

ひとことで言うと、シュンペーターの理論は、古く、不十分で、そして誤りだった。今回は、この3点を補う新しい理論を提案したい。

シュンペーター理論のどこが古いのか

彼の「経済発展の理論」と「景気循環論」を21世紀の理論に更新し、彼の理論に欠けていた残りの半分を補い、そして、発展理論でも循環理論でもない、新しい「経済社会の"変遷"理論」を提示する。

分不相応にもほどがあるし、そしてまだ稚拙で荒い試論だが、この週末、時間のある方はお付き合いいただきたい。この連載では、前々回の「崩壊している資本主義の後に来るものは何なのか」(10月21日配信)と合わせ、3部作の最終部分となる。

まず、シュンペーターの理論のどこが古いのか。それは資本主義が衰退する理由が独占大企業と官僚主義にあるとしたが、誤りだったからだ。

経済全体を独占大企業が支配し、覇者の交代による経済発展という推進力が失われ、大企業内部では官僚主義が横行し、独占企業組織内部からも革新、新結合という経済を動かす活力の源泉が生まれなくなる、というシナリオが資本主義を衰退させると彼はみていた。