2024年1月、いよいよ新NISA(少額投資非課税制度)がスタートしました。 NISA口座の運用益は非課税であるため申告は不要です。ですがご存じの通り、株式取引はNISAだけではありません。一般口座取引では税金で過去の損失を通算できるというメリットもあります。

こうした税金面からみたメリットデメリットなど全体像を確認しておくことは投資で利益を出すのと同じくらい重要です。『自分ですらすらできる確定申告の書き方 令和6年3月15日締切分』(KADOKAWA)から解説します。

新NISAってどんなもの?

旧NISA(少額投資非課税制度)が見直され、新NISAが導入されました。

NISAを利用して投資をすると運用益(売却益・配当金/分配金)が非課税であるのは、従来通りです。改正点は、年間投資枠の拡大、非課税保有期間の無期限化、口座開設可能期間の恒久化、つみたて投資枠と成長投資枠の併用が可能であることです(下図参照)。

出典:『自分ですらすらできる確定申告の書き方 令和6年3月15日締切分』(P.2)

NISA口座での取引によって生じた利益には税金がかかりません。

〈 非課税となるNISA口座の運用益 〉

・株式の売買によって生じる「譲渡益

・株式の保有数に応じて分配される「配当金

・投資信託の運用結果にもとづいて配分される「分配金

NISA口座では、買い付けにかかった資金が非課税投資枠の範囲内であれば、いくら利益が出たとしても課税されることはありません。