中国の自動車の生産台数および販売台数(輸出を含む)が、年間3000万台を初めて突破した。中国汽車工業協会が1月11日に発表したデータによれば、2023年の中国の自動車生産台数は前年同期比11.6%増の3016万1000台、販売台数は同12%増の3009万4000台に達した。

生産・販売の2桁増を牽引したのは輸出の爆増だ。中国の自動車輸出台数は2021年に200万台、2022年に300万台を突破し、2023年は前年比57.9%増の491万台とさらなる急拡大を記録した。

EVもエンジン車も輸出好調

輸出の内訳を見ると、EV(電気自動車)に代表される「新エネルギー車」の輸出台数は120万3000台と前年比77.6%の大幅な成長を見せた。加えてエンジン車の輸出も好調で、輸出台数は前年比52.4%増の370万7000台に上った。

(訳注:新エネルギー車は中国独自の定義で、EV、プラグインハイブリッド車[PHV]、燃料電池車[FCV]の3種類を指す。通常のハイブリッド車[HV]は含まれない)

また、中国汽車工業協会が2023年1月から11月までの通関統計をもとに整理したデータによれば、輸出先の上位3カ国はロシアの84万1000台、メキシコの37万6000台、ベルギーの20万2000台の順だった。

(訳注:ベルギーにはヨーロッパ最大の自動車荷揚げ港があり、そこで上陸したクルマがヨーロッパ各国で販売されている)