ホンダは2023年12月、「オデッセイ」を一部改良モデルとして国内販売を再開した。オデッセイは2021年12月に生産を終了しており、2022年9月には在庫がすべて完売し販売終了となっていたため、約1年3カ月ぶりの新車販売となる。

再販モデルは中国からの輸入販売の形態を取り、ホンダの4輪車として初の取り組みゆえ話題を呼んだ。

よく「なぜ、再販するのか?」という議論がなされるが、今回は“再販前”にフォーカスしてみたい。具体的には、2013年11月〜2022年9月に販売された5代目“再販前”オデッセイの購入者を分析していく。

2022年9月に販売を終了した時点のオデッセイ、2020年マイナーチェンジモデル(写真:本田技研工業) 2022年9月に販売を終了した時点のオデッセイ、2020年マイナーチェンジモデル(写真:本田技研工業)

使用データは市場調査会社のインテージが毎月約70万人から回答を集める、自動車に関する調査「Car-kit®」で、ライバル車の購入者とも比較していく。

比較対象は当時、オデッセイとよく比較されたトヨタ「エスティマ」(販売終了車種)、上級ミニバンの代表格であるトヨタ「アルファード/ヴェルファイア」、日産の上級ミニバン「エルグランド」、そしてオデッセイの販売終了後に、その受け皿としての役割も担ったホンダ「ステップワゴン」である。

<分析対象車種・サンプル数>
ホンダ オデッセイ:2339名
トヨタ エスティマ:1182名
トヨタ アルファード:3883名
トヨタ ヴェルファイア:3016名
日産 エルグランド:592名
ホンダ ステップワゴン:5103名

※いずれも分析対象は新車購入者のみとする。5代目オデッセイの販売期間に合わせ、2013年11月〜2022年9月購入者とした。

ホンダ車からの乗り換えがやや少ない

購入前に乗っていたクルマ(前有車)について、メーカーと車種をそれぞれ確認していこう。各モデルとも、同じメーカーからの乗り換えが1位となっているが、その割合が異なる。