1月30日、日本郵便が「ゆうパック」や速達の配達を、一部地域を対象として半日から1日遅くすると発表しました。筆者は「正直、今回の変更では、さほど影響を感じないかもしれない。しかし、このような変化が続くことで、生活者である我々の身にも、明確にわかる変化が生じていくのも間違いない」と語ります。

新著『買い負ける日本』が話題を呼ぶ、調達のスペシャリスト・坂口孝則氏による不定期連載「世界の(ショーバイ)商売見聞録」。著者フォローをすると、坂口さんの新しい記事が公開されたときにお知らせメールが届きます(著者フォローは記事最後のボタンからできます)。

日本郵便のサービス見直し

日本郵便は1月30日にゆうパックのサービス見直しを発表した。開始は4月1日以降となる。内容は大きく2つで、(1)ゆうパックとレターパックなどの速達郵便物のお届け日数が延びることと、(2)配達希望時間帯「20-21時」が廃止されることだ。

まず(1)だが、たとえば、東京23区で荷物を出す。宛先は北海道の函館エリアとする。変更前は翌日の夕方・夜間に到着。それが変更後は、翌々日の午前中になる。

(郵便局ホームページより)

ミスリードしてはいけないのは、すべてのケースで半日の遅れになるわけではない点だ。あくまで特定の地域引受の、特定地域向けのものなので、詳しくは同社の発表内容を参照にされたい。