中国のEV(電気自動車)最大手の比亜迪(BYD)は、ヨーロッパのハンガリーに乗用車の完成車工場を建設する。同社は1月31日、ハンガリーのセゲド市政府と工場用地の購入に関する協議書に調印。その式典にはハンガリーのペーテル・シーヤールトー外務貿易相と、中国の龔韜見・駐ハンガリー大使が立ち会った。

「BYDはハンガリー政府と交渉を重ね、(BYDにとって)ヨーロッパで最初の乗用車工場をハンガリーに建設することを決めた。これはハンガリーにとって最も重要な投資プロジェクトの1つだ」。在ハンガリー中国大使館がウェブサイトで公表した情報によれば、上述の式典でシーヤールトー氏はそう述べた。

3年以内の工場稼働目指す

乗用車工場の建設は、BYDにとってハンガリーへの初めての投資ではない。同社は2016年、約2000万ユーロ(約31億9000万円)を投じてハンガリーに電動バスの工場を建設し、稼働させた実績がある。

BYDによれば、ハンガリーの乗用車工場では主にヨーロッパ市場向けの車種を現地生産する計画で、3年以内の操業開始を目指している。なお、同社は乗用車工場建設の投資規模については公表していない。