ようやく日本の路上を走り出した、電気で走るボルボのコンパクトSUV「EX30」。

雪とか氷の上でボルボのBEVがどんなぐあいに走るのか。それも重要な性能の一部で、興味のある人も少なくないだろうから、この時期に知っておくといいのでは……と、ボルボは2024年3月にスウェーデン北部で、テストドライブの機会を設けたのだった。

「マーケットが速いペースでBEVへと向かい、同時にコンパクトサイズの車両へのニーズが高まる傾向にあります。そこでボルボとしては、なるべく早く、このセグメントに打って出る必要があると判断しました」

2023年6月に、イタリア・ミラノのポルタヌオーバ駅近くの会場で、EX30のお披露目を行った際、ボルボは上記のように述べていた。

つまり、従来のガソリン車と同じように、さまざまなシチュエーションを設け、そこでのパフォーマンスをマーケットに知らしめることが大事。これが、今回の試乗の背景にある考え方だろう。

オーロラも出るスウェーデン北部の氷上コース

試乗会が行われたのは、「アイストラック」とボルボが呼ぶ氷上コース。場所は、ボーデンなるスウェーデン北部の街で、ストックホルムでは“南すぎて”見られない、かなり寒い地方にしか現れないオーロラも出る土地である。

前日までは雨模様だったそうだが試乗の日は好天に恵まれた(写真:Volvo Cars) 前日までは雨模様だったそうだが試乗の日は好天に恵まれた(写真:Volvo Cars)

試乗の車両は、ボルボEX30「シングルモーター・エクテンデッドレンジ」と、同「ツインモーター・パフォーマンス」が用意された。

モーター1基をリアに搭載して後輪を駆動する「シングルモーター」は、2023年に日本でも発売済み(納車が始まったのはつい最近)。前後にモーターを搭載する全輪駆動の「ツインモーター」も、2024年中に販売開始するとのこと。