エリザベス女王亡きあと、イギリスで最も国民の支持率が高い王室のメンバーは、ウィリアム皇太子とその妻キャサリン妃である。そんな夫妻に災難がふりかかった。今年1月、キャサリン妃が腹部の手術を受けて、2カ月ほど公の場で姿を見せなかったことから、SNS上ではさまざまな噂や臆測が飛び交った。

懸念を払拭するために夫妻が公開したキャサリン妃と子供たちの写真が「加工されていた」ことが判明し、大きな批判の嵐が起きた。しかし、同妃が自らがんを告白すると、メディアは一気にキャサリン妃の「勇気」をほめたたえる流れに一変した。

王室人気トップ2のウィリアム皇太子夫妻

調査会社Ipsosの世論調査(1月末時点)によると、ウィリアム皇太子を「好ましい」と思う人は62%、キャサリン妃は61%で、イギリスにおける人気度ではトップと次点を占め、皇太子の父チャールズ国王の50%を上回る。

そんな皇太子夫妻の災難が始まったのは、今年に入ってからだ。

まず、1月17日、王室はキャサリン妃が前日にロンドンの病院で腹部の手術を受け、公務を数カ月休むことを発表。「がん関連ではない」と説明された。同日、今度はチャールズ国王が前立腺の手術で治療を受けると明らかにされた。

チャールズにもしものことがあれば、ウィリアム皇太子が国王になる。父に加えて妻キャサリン妃も病気となると、いったい王室はどうなってしまうのか、ウィリアムは大丈夫かーー。一抹の不安がイギリスの国民を襲った。王室の主要メンバーが病気であることを公表するのは、非常に珍しい。このため、国王もキャサリン妃も相当重い病気なのではないかという懸念が生まれた。