プロ野球選手のヒットやホームランを、場外から固唾を飲んで見守る人物がいる。それが、スポーツ用品メーカーZETTに所属し、日本プロ野球12球団約130人の選手のバットを製作する、その名も“バット職人”の、熊谷昌典さん。選手の能力を最大限に発揮させ、試合の展開をも左右する“選手の武器”づくりは、どんな人物がどんな想いでつくっているのか。バット職人として生きることを決定づけた、熊谷さんの “憧れを感じた瞬間”をインタビュー。エンターテインメントコンテンツのポータルサイト「アルファポリス」とのコラボによりお届けします。

真剣勝負の武器づくり バット職人の仕事

――(ZETT武生工場、応接室にて)たくさんのバットが置かれています。

熊谷昌典氏(以下、熊谷氏):選手から記念として送っていただいたもので、古いものですと半世紀近く前のものもあります。サインやメッセージが添えられたホームランの記念バットや、海外選手が母の日のために特注したピンク色の練習用バットなど、この工場でつくられたさまざまなバットがここにあります。

私がバット職人として独り立ちし、初めてつくらせていただいた元千葉ロッテマリーンズ、初芝選手のバットもあります。今では珍しいアオダモ材(材木の種類)を使用して作られたものになりますね。

――セ・パ両球団、たくさんの選手が、熊谷さんの元を訪ねられています。

熊谷氏:12球団、約130人の選手のバット製作を任せていただいています。バット製造自体は年間を通して、日々開発・生産をおこなっていますが、特にプロ用のバットの製作が本格始動するのは、秋季キャンプが終わりにさしかかる11月後半くらいからです。

「いかに選手の身体の一部分として違和感なく、かつ本来の能力を発揮できるか」。選手の成績や、秋季キャンプでの選手とコーチとの方針結果など、いろいろな角度から選手と直接話し合って、来シーズンに向けての目標を打ち合わせするところから、バットづくりは始まります。