みなさま、こんにちは。犬猫写真家の新美敬子です。世界を旅して街角で出合った犬や猫と人との暮らしを撮り続けて25年以上たちます。

犬も猫も大好きですが、どちらかというと猫の写真を撮ることが多く、自宅でも5匹の猫を飼っています。

私たち現代人は時間や仕事に追われ、とても慌ただしく生きていますが、猫の生活は真逆です。の〜んびりして、好きなことしかしない。周りなどほとんど気にせず、とことんマイペース。

猫の姿を見ていると「ああ、こういう生き方をしたいなぁ」と学ぶことがたくさんあります。

このシリーズでは私が25年の経験で、猫から学んだ人生のワザや楽しみ方をみなさまにお伝えしています。

今回は「猫に本気で学びたい!どこでも寝る技術〜爆睡、快眠編」です。今年も暑い夏がやって来ました。猫に学んで、ぐっすり眠るための「快眠法」を会得しておきましょう!

猫が教えてくれた「爆睡、快眠」法

「夜中に何度も起きてしまう」「どれだけ寝ても翌朝がだるく、一日中眠い」

こんな悩みをお持ちの方はいらっしゃいませんか?

最近、「睡眠負債」という言葉が注目を浴びています。睡眠不足が積み重なり、心身への悪影響を及ぼしかねない状態のことをいうそうです。

実は私も以前は寝つきが悪く、眠りが浅い人でした。やっと寝付いたと思ったら、夜中に起きてしまい、今度は眠れない。「明日は仕事なのだから早く寝ないと」と焦ると余計に目が冴えてしまうのです……。

そんな私に快眠の「奥義」を教えてくれたのは猫でした。

猫はとにかく寝ることにかけては、私たち人間の「先達」です。猫師匠です。

私の撮影中も、母猫にじゃれついているうちに眠くなって寝落ち、ハトを見ているうちに眠くなってうたた寝、遊んでいて飽きて居眠り、エサを横取りされて腹が立ってフテ寝……、とにかく、なにかにつけて「寝まくり」ます。

しかし「猫師匠」は実は眠りが浅く、すぐに起きてしまいます。でもそれは猫の習性であって、「ちょこちょこ寝」であっても、猫なりにちゃんと「爆睡」「快眠」ができているのです。

それが証拠に、どの猫師匠も起きたあとは超スッキリ。

すぐに遊び始めたり、ご飯を探しに行ったりと、元気に行動開始。睡眠不足、ましてや睡眠負債なんてことはありえません。

ではどうしたら猫師匠のように熟睡、快眠ができるのでしょうか。世界中の猫を観察して、私が見つけた4つの奥義を伝授します。