コロンバイン高校銃乱射事件。1999年4月20日、コロンバイン高校の学生2人が無差別に発砲を行い最終的に自殺、教師1人と生徒12人が死亡し、24人が負傷した傷ましい出来事だ。発生から15年以上が経った今なお学校銃乱射事件の代名詞的存在とされるのは、犯人であるエリックとディランがそれぞれ卒業を間近に控えた、18歳・17歳の少年だったという若さだけが理由ではない。

2年以上をかけて準備されていた計画の周到さ。そして、何百人もの生徒たちでにぎわう昼時のカフェテリアを爆破するという残虐な構想。計算ミスや完成度の低さにより爆弾は不発に終わったものの、実際の被害を遥かに上回るその計画の大きさは、人々の間に驚きと恐怖の渦を巻き起こした。

加害者の母による手記

言うまでもなく、この事件を題材にして過去に多くの本が書かれている。和訳されているものだけでも、被害者遺族、加害者の友人、第三者のジャーナリストなど様々な立場から書かれた作品が並ぶ。そんなコロンバイン事件関連の本の中に、新たな視点の一作が加わった。本書『息子が殺人犯になった』は加害者のうちの1人、ディラン・クレボルドの母親、スー・クレボルドによる手記である。

幼い頃から日記を書く習慣があったという著者は、事件の前のディランの様子や、「犯罪者の母親」となった後の自身に起きた出来事や感情を細かく記録していた。犠牲者や負傷者とその家族らに対する謝罪の気持ち、ディランの本心に気がつけなかった後悔、我が子が亡くなった悲しみ、息子がやったことを信じられない事件直後の様子、事実を置き去りにしたまま加熱する報道、生活が壊れていくことへの嘆き。日記の内容を元にした回想が、本書の内容のベースにある。