米ニュージャージー州のトランプナショナルGCで7月16日(現地時間)まで行われた、第72回全米女子オープン。逆転優勝を飾ったのは、韓国の23歳、パク・ソンヒョンだった。

ソンヒョンと優勝争いを演じたのは、同じく韓国選手のチェ・ヘジン。チェ・ヘジンはまだ17歳の高校3年生アマチュアである。惜しくも、2打差で2位に終わったが、最終日はトップスタートで、一時は50年ぶりのアマチュア優勝、最年少優勝の期待が膨らんだ。

世界を席巻する韓国女子ゴルフ

上位10人のうち、韓国勢は実に8人を占めた。これは、どう考えても驚くべき比率の高さだろう。全米女子オープンを韓国選手が制したのは1998年の朴セリ以降、9度目。圧倒的な韓国選手の強さである。

一方、日本選手はまだその頂点に立っていない。米国LPGAで17勝し、賞金女王にもなった岡本綾子が1987年に2位に入ったのが最高位である。この試合に勝つことを夢にしてきた宮里藍は2009年、2011年の6位が最高でタイトルに手が届いていない。韓国選手の強さの秘密は何であろうか。

日本でも7月末時点で20戦のうち9回韓国選手が優勝している。全米女子オープンが開催されているのと同じ週に、日本で開かれていたサマンサタバサ・レディースでは、現在韓国ツアー賞金ランキングで2位につけるキム・ヘリムが日本ツアー初参戦初優勝。3日間でボギー1つの圧倒的に安定したプレーだった。

7月16日まで、茨城県で行われていたサマンサタバサレディースで優勝した、キム・へリム選手。キム選手が憧れる選手の1人が、上田桃子選手だという(筆者撮影)

実はキム・ヘリムの憧れのプレーヤーがアニカ・ソレンスタムと上田桃子。上田桃子が活躍している日本のLPGAの試合をテレビで見て、そのアグレッシブなプレーとファッショナブルなスタイルに憧れたという。

最終日、同じ組で回ったその上田桃子は韓国選手の強さについて「若いのにスキがない。理にかなったスイングをしていて、パットがまたうまい」「次から次へと、強い若手が出てくる」とインタビューに答えた。

優勝会見で筆者はキム・ヘリムに、韓国選手はなぜ強いか、と質問した。「韓国選手は日本人選手より、球が飛ぶと思います」それが、キムの答えであった。何人もの日本人選手を相手に戦ってきた彼女の率直な感想なのだろう。