恋愛に消極的・受動的な「草食系」が増えている、と言われて久しい現在。実際のところ、彼らの恋愛・結婚に関する意識や実態はいかなるものなのでしょうか。

明治安田生活福祉研究所が行った「男女交際・結婚に関する意識調査」において、恋愛・男女交際へのスタンスごとに全国の15〜34歳を対象とした恋愛・男女交際の意識と実態を探ってみたところ、草食系の知られざる実態が明らかになってきました。

★「草食系」に関する調査の前編:若者にとって「草食男子」はむしろ褒め言葉だ

※なお、本記事における「草食系」とは、恋愛・男女交際に消極・受動的なスタンスのことを指します。

草食系男子の4割が交際経験ゼロ

未婚者に対して、中学生以降の交際経験を尋ねたところ、「0人」と回答した割合は、男性の場合は「恋愛・男女交際に積極・能動的」で11.0%、「恋愛・男女交際に消極・受動的」で41.4%、「恋愛・男女交際に興味がない」で71.1%でした。女性は「恋愛・男女交際に積極・能動的」が7.2%、「恋愛・男女交際に消極・受動的」が28.8%、「恋愛・男女交際に興味がない」が61.1%となっています。

男女ともに恋愛・男女交際に積極的な人ほど、交際を経験した人数も多く、「恋愛・男女交際に積極・能動的」な人において、5人以上と交際した経験のある人の割合は男女ともに約3人に1人となっています。