洗濯機の「ドライコース(手洗いコース)」は、下準備や洗剤選びに気をつければ、自宅でもおしゃれ着を洗えます。

最近の洗濯機は、洗浄力を追求する一方で、「ドライコース」や「おしゃれ着洗いコース」「おうちクリーニング」といった機能が搭載されている機種がほとんど。みなさん使ったことはありますか? クリーニング店の「ドライクリーニング」とは何が違うのでしょうか?

そこで今回は洗濯機の「ドライコース」などデリケートな衣類を洗うための機能について、その特徴や使い方のコツを、ビックカメラ有楽町店の荒井麗那さんにお話を伺いました。

通常の洗濯コースとは何が違うの?

ドライコースは、通常コースと洗い方がどのように違うのでしょう?

「洗濯槽が力強く動いて洗い、たっぷりの水ですすぎ、しっかり脱水するという通常コースに対して、ドライコースでは、傷みや縮みの原因となる洗う力や水流、脱水の加減などが弱くなるよう自動で設定されています。洗濯時は、洗剤投入後に水の力で泡を作り出し、泡で包み込むように優しく洗い、すすぎは、遠心力を使った流れるプールのような優しい水流ですすぎます。そして、衣類同士が絡み合わないように、ほぐしながら脱水してくれます。洗剤を泡状にし、汚れを落としやすくするので、汗や水溶性のシミなどを落とすのに力を発揮します。おしゃれ着についている洗濯表示を確認した時に、おしゃれ着用洗剤推奨の表示ならば、おおよそのものが洗濯機で洗えます。

なお、洗濯機によって、ドライコース・手洗い・おうちクリーニング・ソフトコースなど名称が異なるので、どのコースがおしゃれ着用に対応しているかは、メーカーの製品サイトで確認しましょう」(荒井さん)

専門店のクリーニングとの違いは?

「また、専門店のドライクリーニングは有機溶剤を使うため、皮脂や調味料、メイク汚れなどの油汚れに強く、繊維の型崩れを防げるのですが、実は汗などの水溶性の汚れを落とすには不向きです。汗を落とすためにドライクリーニングに出してしまうと、ダブル洗い、ウェット、などという水洗いのオプションが追加されるので、値段もアップしてしまいます」(荒井さん)

なるほど。汚れの種類によって、専門店とドライコースを上手に使い分けて、お気に入りの服も長く着たいですね。