ゴルフ人口が減少し続ける中で、ゴルフ市場の売上、ゴルフ場数も減少し続けている。日本生産性本部がまとめたレジャー白書2017によると、ゴルフ市場はピークの1992年の1兆9610億円 から2016年の8740億円と、この20年あまりで半減している。ゴルフ場数もピークの2002年2460コースから2016年2335コースと減少している。

また、ゴルフ場入場者数も一般社団法人日本ゴルフ場経営者協会によれば、入場者ピークの1992年度1億0232万5000人から2016年度8682万6974人と大幅に減少している。当然ゴルフ場当たりの年間売上、入場者数も減少の一途をたどる。

入場者を伸ばし続けるゴルフ場

このようにゴルフ場業界が厳しい状況の中で、毎年入場者数が2000人以上増加し続けているゴルフ場がある。東京調布市にある「東宝調布スポーツパーク」だ。ゴルフのショートコース、ゴルフ練習場、テニスコートが併設されているスポーツ複合施設だ。このショートコースは昨年、入場者数が4万4000人を超えて、毎年2000人以上のペースで増えているのだ。今年の入場者の見込みも4万7000人近くを見込んでいる。通常のゴルフ場で年間3万7000人程度なので、その多さがわかる。

9ホールのゴルフ場全景(写真:東宝調布スポーツパーク提供)

東宝調布スポーツパークはその名が示すとおり、親会社は東宝株式会社。映画の撮影場、倉庫の跡地を利用してスポーツ施設を作ったものであり、オープンから今年で51年目をむかえる。

コースは9ホールのショートコースとはいっても、パー4が3ホール、最長のパー4は325ヤードありドライバーが打てる。トータル、パー30、1545ヤードである。