30歳目前で過食症を患って会社を辞め、実家で5年間引きこもっていた男性がいる。ようやく回復してきた頃に一念発起してスポーツジムに通って体を引き締め、何十社も受験して再就職を果たし、昨年春には結婚もした。現代の小さな奇跡、と言ったら大げさだろうか。

「結婚してから、夕食後に柿ピーを食べる習慣がついてしまい、また太り始めています。気をつけなくてはいけませんね。妻は以前は痩せていたのですが、いまは私と一緒に柿ピーを食べているので太りつつあります」

照れくさそうに話すのは長井進一さん(仮名、41歳)。確かにシャツがはち切れそうなお腹をしている。ただし、今回はストレスからの過食症ではなく、幸せ太りだと言えそうだ。

大病、婚約破棄、失業のトリプルパンチ

大学卒業後、愛知県内の大手メーカーに就職した進一さん。勉強熱心で向上心も強かったが、協調性が欠けていたと振り返る。

「職場で孤立してしまいました。当然、仕事もうまくいきません。ストレスが食に向かい、どんどん太ってしまいました」

当時、進一さんには2年ほど交際している女性がいた。1歳年下の由里子さん(仮名)だ。出会いは、社内の食堂。栄養士として働く由里子さんを「かわいいな」と思って話しかけ、デートをするようになったという。

このエピソードだけでも、進一さんは積極的な性格の持ち主だとわかる。職場の同僚ならばともかく、食堂で働く人に声をかけてデートできる人は多くない。しかも、進一さんと由里子さんは結婚を視野に入れて真剣交際をしていた。

「婚約をして、式場も予約し、結婚指輪も買っていました。もちろん、彼女の両親へのあいさつも済ませていました。でも、私が体調を大きく崩したことが彼女の両親に知られて、お母さんの反対を受けてしまって……。お父さんのほうは何も言わなかったようですが、ずっと専業主婦だったお母さんとしては娘の将来が心配だったのでしょう。彼女も急に弱気になり、電話にも出てくれなくなってしまいました」