1997年、当時無名だった作家J.K.ローリングが執筆した「ハリー・ポッターと賢者の石」。ついには7冊のベストセラー小説と全8作の大ヒット映画により、世界中でポッタリアンと呼ばれる熱狂的なファンを獲得した人気シリーズだ。

その小説版をすべて翻訳、日本に紹介したのが、静山社の社長で、翻訳家の松岡佑子氏である。「ハリー・ポッター」が氏にもたらしたものは何なのか。そして英語を学ぶ秘訣とは何か、さらにはシリーズ最新作『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』についても話を聞いた。

――松岡さんは翻訳家であると同時に、「ハリー・ポッター」魔法ワールドの出版社の社長という立場でもあります。紙媒体でやっていくことが難しい時代に、「ハリー・ポッター」を大ベストセラーに導いてきました。これは本当にすごいことですよね。

それは「出版とは何か?」という定義の問題にもなってきます。情報を発信するのであれば紙媒体でなくても良いわけですが、古い人間はやっぱり紙媒体にこだわるんですね。本には手触り、見開きで読む感覚など、電子媒体にはないものがあります。とはいえ、世の中の要望に応えないといけないなとは思っておりますが。

――「ファンタスティック・ビースト」シリーズの最新作『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』が、11月23日に公開されます。

私も早く見たいんですよ。一般に公開されている特報は見ていますけどね(編集部注 取材時には映画未完成のため、松岡氏は最新作をまだ見ていない)。

翻訳者も事前に内容を知ることができない

――松岡さんもそこまでしか知らされていないのでしょうか。

一般の方と同じなんですよ。ハリー・ポッターシリーズのときだって、英語版が出版されるまで内容は全然知らされてなかったから、驚く話ではないんですけどね(笑)。最後まで何もわからないっていう状態には変わりはありません。

――出るまで明かさないというのは、J.K.ローリングさんのスタイルなのでしょうか。

ローリングさんの方針でもあるんでしょうけど、ビジネスのアプローチとして、グループ全体がそういう方針に賛成しているんだと思います。でも、もしかしたら本当にギリギリまでできていないのかもしれませんよ(笑)。