「家賃滞納」は、決してひとごとではありません。

普通の人がいつ陥るかもしれない貧困の入り口です。有名私立大学を卒業後、大手の広告代理店に就職し、幸せな家庭を築いていた30歳男性。なぜ18万円の家賃を5カ月滞納し強制執行を受けるまで堕ちてしまったのでしょうか?

2200人以上の家賃滞納者と接した司法書士の太田垣章子氏の著書『家賃滞納という貧困』より一部抜粋のうえ、紹介します。

かつて「一億総中流社会」と言われていた日本。がんばればマイカーを所有し、家まで持てました。雇用も安定し、将来の不安もなかったのではないでしょうか。勤めあげれば、退職金も年金も当たり前のようにもらえ、老後に孫たちを引き連れての旅行だって楽しむことができました。

しかしバブルが崩壊し、日本経済は大きく変化していきました。大企業が倒産する時代。年金も受給年齢は先送りとなり、金額だってこの先どれだけ受け取ることができるのか不明です。定年の年齢も引き上げられてきましたが、年金受給までの空白の期間もあります。

人生100年時代。反面、長い老後のための資金が足りません。働ける間は少しでも働きたい。多くの人がそう思っているはずです。それでも国民の多くは、自分が貧困と紙一重のところにいるとは思っていません。

突然鳴ったインターホン

相馬理香さん(29歳、以下すべて仮名)も、そのひとりでした。

その日、彼女は2歳になる娘と、いつものように部屋で遊んでいました。幼稚園に通うようになるまでの、母と子とのゆったりとした時間。穏やかなひとときでした。

「裁判所です。相馬さん、いらっしゃいますか?」

突然インターホンが鳴りました。裁判所? 何かの間違いだろうし、かぎを開けるのが怖かったのでしょう。ヘンな詐欺商法だったら怖いから……。理香さんは、インターホン越しに息を潜めました。またインターホンが鳴ります。

「裁判所です。相馬さん、いらっしゃいませんか? かぎ開けますよ」

同時にドアが引っ張られ、がちゃがちゃとドアノブが鳴る音が聞こえました。怖い! そう思った次の瞬間、見知らぬ男がドアを開けたのです。

「いらっしゃったのですね。裁判所です。相馬さんですか?」

ドアの向こう側に、数人の男性が見えました。差し出された名刺を見ると、地方裁判所の執行官と書かれています。

「相馬一人さんが家賃払っていらっしゃらないからね、強制執行で来ました。奥さんですか? ちょっと中に入っていいですか?」

執行官と名乗る人が何を言っているのか、理解できませんでした。