国土面積37万7974㎢の日本には、意外な1番が各地にある。自然、伝統文化、食、そして先人たちの知恵……。ふるさと納税ブームで地方のよさが再認識され、注目を集めているが、まだまだ知らないことも多い。

今回は、知られざる地方の「1番」から、今すぐ雑談のネタで使えそうな、興味深い話を集めてみた。日刊ゲンダイの経済記事を長年担当し、数字の裏の真相を見つめ続けてきた山田稔氏が著した『驚きの日本一が「ふるさと」にあった』から一部を抜粋し、再構成して紹介しよう。

日本一リッチな小さな村のスゴイ海外研修

伊勢湾の北部、愛知県名古屋市に隣接した海部郡に飛島村という人口4800人ほどの小さな村がある。この村の実力がスゴイ。自治体の財政健全度を示す財政力指数が2.15で断トツの日本一なのである。

もともとは寒村だったが、伊勢湾岸地域に臨海工業地域が造られ、同村南部の臨海部が一大物流拠点となり、大手企業が続々と進出したのだ。その結果、村の財政はみるみるうちに改善し、日本一リッチな村として知られるようになった。

伊勢湾の北部、名古屋市の隣にある飛島村。村には伊勢湾岸自動車道が通る(地図:飛島村ホームページより)

この村のすばらしいところは、豊かな財政を住民サービスにきちんと還元していることだ。

その象徴が子どもたちへの投資だ。小中一貫の村立飛島学園を2010年に設立。初等部4年間、中等部3年間、高等部2年間の区分で9年間の義務教育をこなす。「確かな未来を拓く」を校訓に、400人余りの生徒が充実した教育を受けている。

ユニークなのは8年生(中学2年生)を対象にした海外派遣事業。1991年から始まった制度で村の全額負担で中学生の海外派遣研修を実施している。2018年度は47人の生徒が5泊7日で姉妹都市のアメリカのカリフォルニア州リオビスタ市などを訪問した。