毒親――。過干渉で子どもを支配したがる親、またはネグレクト(育児放棄)する親のことを一般的にそう言う。スーザン・フォワード著の『毒になる親一生苦しむ子供』(講談社)や田房永子著の『母がしんどい』(KADOKAWA/中経出版)のヒットにより、毒親の認知は広まった。毒親育ちの人は生きづらさを感じているケースが多い。今回は、そんな毒親と一緒に生活していた30代の男性が、毒親から逃げた体験談のルポをお届けする。

家にはいくつもの防犯カメラが

キャリーケースに服の買い物袋という大荷物で待ち合わせ場所に現れた笠原義之さん(30代・男性・仮名)。都心から少し離れた場所に住んでいるため、この日は1泊で都内に買い物にやってきたそうで、取材に協力してくれた。現在、笠原さんは、一人暮らしをしながら福祉施設で働いている。

笠原さんの父親は大企業を経営する社長。その父親からの過干渉と暴力を受け続け、典型的な毒親家庭で育った。豪邸である家にはいくつも防犯カメラがついていた。これはセキュリティーのためだけでなく、笠原さんが勝手に家を抜け出さないために監視するためでもあった。

また、特殊な家庭で、家にはつねに会社の関係者がおり、父親は会社関係者にも彼が勝手に家を抜け出さないよう指示していた。

「小学生の頃、学校のとある行事で近所の体育館を貸してもらいました。そのお礼の手紙を書きましょうと担任に提案され、その学校の生徒宛に手紙を書きました。すると後日、女の子の名前の差出人で自宅の郵便受けに返信が届きました。厳格な父は『なぜ女の子から手紙が届くのだ!?』と激怒し、封も開けずビリビリに破かれてしまいました。

ほかにも、高校生カップルを見かけては『あんな恥晒しをして』みたいなことを言っていたので、恋愛=悪のような考えが植え付けられている気がします。もう30代ですが、いまだに女性とお付き合いをしたことがないです」