映画『パラサイト 半地下の家族』(ポン・ジュノ)は、2019年のカンヌ国際映画祭の作品賞(パルムドール)を受賞、そして2020年のアカデミー賞の作品賞(オスカー)も受賞した。アカデミー賞では作品賞以外にも、監督賞、国際長編映画賞、脚本賞を受賞するという華々しい結果を残した。

そもそも、アメリカ作品以外の映画がオスカーを受賞することができると知らなかった人も多かったのではないだろうか? かくいう僕も知らなかったし、実際に外国語の映画がオスカーを受賞するは史上初の快挙だった。

『パラサイト 半地下の家族』は貧困問題、格差問題を取り上げた作品だ。ただ、作風は基本的にコメディ調で見ていてつらくはない。

貧困の象徴とされる半地下のアパートに暮らす4人家族たちが主人公だ。

4人家族の息子ギウが裕福な一家パク家に家庭教師として入ったのをキッカケに、一家全員でパク家に寄生していくというストーリーだ。

僕は本作品がアカデミー賞を受賞した後の韓国への取材で、映画に登場するロケ地を回ってみることにした。いわゆる映画愛好家がいう“聖地巡礼”である。

ソウル特別市のアヒョンに向かった。

メインのロケ地は取り壊されていたが

残念ながらメインのロケ地になった場所はすでに取り壊されていた。2019年、パルムドールを受賞した後に訪れてみたのだがすでに幕が敷かれ、取り壊し工事が始まっていた。

取り壊し工事が始まっていたメインのロケ地(筆者撮影)

同行していた韓国の事情に詳しい編集者に話を聞くと

「そういう昔からある街は、どんどん再開発されています。場所的にはとてもいいので、高層マンションが建てられると思います。もうずいぶん少なくなりました」

と教えてくれた。

ただ、まだ取り壊されていない場所が残っていると聞いたので向かった。

ソウル特別市にあるアヒョン洞に向かった。急な坂道を上っていくと1軒の商店が見えてきた。

作品内で、もともとパク家の家庭教師をしていたギウの友人がギウに、店頭の小さいテーブルで焼酎を飲みながら

「自分の代わりに家庭教師になってくれ」

と頼むシーンで使用されたお店だ。