“ステイホーム”で孤独を感じ、結婚をしたいと思う独身者が増えている。婚活業界は緊急事態宣言期間中、オンラインお見合い一色だったが、ここにきて対面お見合いも徐々に行われるようになってきた。しかし、お見合いを何度しても、なかなか結果が出せない人たちがいる。仲人として婚活現場に関わる筆者が、婚活者に焦点を当てて、苦労や成功体験をリアルな声と共にお届けしている連載。今回は、「婚活を難しくさせる4つの事情」について記す。

「最後のチャンスに、子どもを授かりたい」

秀明(47歳、仮名)は、30代後半から婚活を続けているのだが、なかなか結果が出せずにいる。私の相談所には45歳になったばかりの頃にやってきたのだが、入会面談のときに、こんなことを言っていた。

「最後のチャンスに、子どもを授かりたいんです。できたら30代の女性と結婚をしたい」

40代、50代の初婚男性には、「子どもが欲しい」という人たちが、とても多い。

秀明は、背が160センチ半ばで小太りではあったが、誰もが知っている大企業に勤め、年収が870万円あった。見合いは組めるだろう。しかし、女性の年齢を30代と限定してしまうと、選べる候補者が少なくなることを説いた。

「婚活を成功させるには、お相手の年齢を限定しないほうがいいんですよ。選べる人数が狭まってしまいますから。30代の女性にお申し込みをかけながらも、40代の女性もお相手候補に加えてみてください」

多くの男性は、40歳を越えた女性に出産の可能性を見出していない。しかし、現在厚生労働省は、43歳未満の女性には、体外受精の補助金を出している。それは、その年齢までなら、出産が可能だとデータで割り出しているからだろう。実際に40歳を超えて出産している女性たちも増えている。近年では、浜崎あゆみさんが41歳、滝川クリステルさんが42歳、華原朋美さんが45歳で出産したことが話題になった。

そんな話を面談のときに、秀明にした。

入会後、まずは私の所の会員である敦子(39歳、仮名)との見合いを組んだ。お見合いから交際になったが、5回目のデートを終えたときに、敦子から、“交際終了”の連絡がきた。