このホルモンによって女性は、まるでジェットコースターに乗っているかのようなダイナミックでスリリングな世界を味わっているんです。

それでは、自分のことながら意外と知らない私たちのカラダ事情を「女性ホルモンスライダー」に乗って、一緒に改めて体験してみることにしましょう。

(出典:『はじめまして更年期』より・イラスト/小迎裕美子)

まずは、小児期(0〜10歳ころ)から。女性ホルモンスライダーは低い位置からゆるやかに発進。ホルモンの分泌は控えめで男女の差はあまりない時期です。

(出典:『はじめまして更年期』より・イラスト/小迎裕美子)

次にやってくるのが思春期(11〜18歳ころ)。

女性ホルモンスライダーはスピードを上げて急上昇! ホルモンの分泌量がググッと増えるこの時期、初潮を迎え、胸やお尻などに丸みが出て女性らしい体つきに。第2次性徴期ともいわれるこのころは、女性ホルモンのおかげで、お肌ピチピチ、髪はツヤツヤ、活動力もアップ、はじける若さ!……と周囲から見ればキラキラまばゆい人生の季節ですが、身体の急激な成長に心が追いつかず戸惑ったり、異性への恋心に思い悩んだりするときでもあります。

20〜40代は「安定の時期」

(出典:『はじめまして更年期』より・イラスト/小迎裕美子)

さて、急上昇のあとは安定の性成熟期(20〜40代前半ころ)へ。

女性ホルモンスライダーは、見晴らしのいいてっぺんを気持ちよく快走。ホルモンがたっぷり分泌され、子宮や卵巣の機能も成熟、うるおい十分の時期です。

社会的にも経験を積みながら成長、成熟していくときに重なります。心身ともに活動力がまして外からの刺激も多いこのころは、ちょっとくらいの無理もききますから、チャンスに恵まれれば大きな成果を出す人も多いでしょう。

パートナーを得て、妊娠や出産を経験するのが最も多いのもこのころですね。