実は、ここに更年期の不調をうまく乗り切り、さらに人生後半を最高にハッピーにするためのヒントがあります。トラブルばかりと思われる更年期、やり方次第で大きなチャンスに変えられるんです。

そのために、必要なのは、体の変化の知識を得ること。事前に知って備えることで、今以上に人生を好転させることもできるんです。

というわけで、大切なことは、「40代以降、女性ホルモンは急降下する」と知っておくこと。

これを知っているだけでも、何も知らずに不意打ちをくらうより、心身のダメージはずっと少なくなります。

次のグラフにあるように、35歳以降、それまで女性の機能を円滑に働かせるために分泌されてきた女性ホルモンは徐々に低下していきます。そして、45歳ころからストーンと急降下。

(出典:『はじめまして更年期』より)

この時期、およそ9割の女性が心身の不調を感じます。閉経の前後5年、45〜55歳ころに訪れるこの激動期が「更年期」です。

更年期は決して「女性だけ」の悩みじゃない

ちなみに、男性にも更年期はあります。ただ男性の場合はグラフからもわかるように、男性ホルモンの減少がゆるやか。70歳でも20歳の半分ほどの男性ホルモンがあるのです。

男女で比べると、いかに女性ホルモンの減り方が激しいかが一目瞭然。このホルモンの大変動期は、女性なら誰もが通る道。外見若々しくても、どんなに健康に気をつかっても、たとえ恋をしてときめいていても……この、ダイナミックな変化は避けては通れないのです。

著者:永田 京子