体を動かさずに作業するデスクワークなどによって、筋肉がかたまって血流が悪くなり、「こり」や「痛み」が起こるわけですが、これをもう少し詳しく言うと、筋肉そのものがかたくなることはもちろん、筋肉の周りにある「ファッシア」がかたくなることも含んでいます。

このファッシアというのは、筋肉の周りにある“緩い”組織です。皮膚と筋肉、筋肉と筋肉、筋肉と腱の隙間は、このファッシアで満たされています。ファッシアという水分を含む「ゆるゆる」な組織が「潤滑油」のような役割をし、筋肉は自由に動くことができるのです。

同じ姿勢を続けて動かないでいると血流が悪くなって、流れるべき水分が流れなくなり、ファッシアに「浮腫」(むくみ)が生じます。この水分が多すぎてむくんだ状態になってしまうと、今度は筋肉の動きを邪魔するようになってしまいます。結果として、筋肉全体がかたまってしまうわけです。

最近の研究では、このファッシアがむくむことで、「こり」や「痛み」を感じやすくなるということがわかってきました。つまり、ファッシアがむくむことで筋肉が動きにくくなってかたまり、なおかつ、むくんだファッシアが「こり」や「痛み」を感じやすくすることでよりひどくなる、というわけです。

もむのではなく指で数回さするだけ

ここからは、この「ファッシアにたまった水を流してむくみをとる」ための「押し流しマッサージ」をお伝えしましょう。

ひと言で「こり」「痛み」といっても、人によってそれが起きている部分はさまざまです。痛かったり、不快感があったりする場所の違いは、血流が滞っているのはどの筋肉か、による違いです。

マッサージは、このターゲットを正しく見極めて行うことで、効果的になります。

肩であれば、「棘上筋」「肩甲下筋」「小円筋」「肩甲挙筋」「僧帽筋」、腰であれば「脊柱起立筋」「大臀筋」などがあり、それぞれの筋肉に対して「押し流しマッサージ」で押し流す姿勢と場所が異なります。

例えば、「腕を横に上げると痛い」人のための「押し流しマッサージ」をご紹介します。この場合は、「棘上筋」がかたまっていたり、むくんでいる状態です。棘上筋は、おもに腕を外に開くときに使われる筋肉で、腕を上げるすべての動きに関係します。