バイエル薬品が制作し、婦人科などで配布している冊子(『生理前カラダの調子やココロの状態が揺らぐ方へ PMS 月経前症候群』)によると、約74%の女性が、月経前や月経中に身体や心の不調(月経随伴症状)を抱えているという。

月経随伴症状とは、月経前はPMS(月経前症候群)やPMDD(月経前不快気分障害)、月経中は月経困難症と呼ばれる症状だが、日本ではまだあまり知られていない印象だ。

しかし、月経周期により精神状態や体調が変化することに気づき、悩んでいる女性は少なくない。

一方で近年、共働きが当たり前になり、生涯にわたって働き続ける女性は増えている。働く女性たち、そしてその周囲の男性たちは、女性の約7割が抱える月経前や月経中の身体や心の不調に、どのように対処しているのだろうか? 産業医と心療内科クリニック院長を務める内田さやか先生に、PMS・PMDDに関する企業内の現状を聞いた。

相談事例1:なぜか突発的に休んだり仕事効率が落ちる

IT系企業に務めるAさん(男性、50代)は、部下のZさん(女性、30代)のことで悩んでいた。

Zさんは、普段は仕事が早く、納期を確実に守り、ミスを出すこともない優秀な部下だ。しかし、毎月必ず1〜2日は突発的に休むことがあるほか、その前後の仕事のスピードが普段より格段に落ち、ケアレスミスが発生することもある。

そんな状況が半年近く続き、見かねたAさんは、産業医である内田先生に相談した。

「毎月休む程度であれば、わざわざ産業医に相談することは少ないと思いますが、それに加えて『休み方が突発的』『仕事のパフォーマンスが落ちている』など、ダブル、トリプルの問題が重なると、『先生から話を聞いてみてもらえませんか』と男性上司から女性部下のことを相談されるケースはあります。

部下の健康そのものを心配するというよりも、仕事への影響が大きく、背景にどうやら健康があるようだ……という場合に、産業医に相談しようとなる場合が多いですね」

内田先生がZさんに会って話を聞くと、数年前から月経前になると精神的にも身体的にも不調になるため、一度婦人科を受診してピルを処方してもらったことがあるが、副作用が強くて自己判断でやめてしまっていた。