結婚相談所の経営者として婚活現場の第一線に立つ筆者が、急激に変わっている日本の婚活事情について解説する本連載。年上男性と若い女性の恋愛ドラマ『私の家政夫ナギサさん』の影響で、“おじさん”が人気となり「おじキュン現象」が起きていると話題になりました。しかし、婚活現場で若い女性が相当年上の男性を求めているかというと、それはまた別の話。若い女性と結婚できる男性はどういう人なのでしょうか。

家政夫さんとの結婚はドラマの中だけ

『ナギサさん』は、多部未華子さん演じる28歳のキャリアウーマンが、大森南朋さん演じる50歳のスーパー家政夫と恋に落ちるというラブコメディー。このドラマで“おじさん”が脚光を浴び、50代前後の男性が「自分も若くてかわいい子と結婚できるのではないか」と希望を持ち始めたようです。

確かにバリバリ働いてへとへとで自宅に帰ってきたキャリアウーマンが、自分のために食事を作ろうとはあまり思わないでしょう。帰りに何か買ってくるか、外食してくる。「家事代行サービスを利用したらどんなにラクか⋯⋯」と思うのも当然です。

しかも、このドラマの家政夫ナギサさんは、家事が完璧にできるだけでなく、彼女の仕事や人生においてあたたかい言葉でサポートしてくれる、包容力のある癒やし系の人物。あの安心感はさまざまな経験を積んできた年配男性ならではの魅力かもしれません。

しかし、実際に若いキャリアウーマンが年配の家政夫さんと結婚するかと言ったら、現実には相当確率は低いでしょう。包容力を求めた年の差婚はあるにはあるのですが、包容力だけではダメなんです。