現代の日本は、非正規雇用の拡大により、所得格差が急速に広がっている。そこにあるのは、いったん貧困のワナに陥ると抜け出すことが困難な「貧困強制社会」である。本連載では「ボクらの貧困」、つまり男性の貧困の個別ケースにフォーカスしてリポートしていく。

今回紹介するのは「発達障害で、現在失業中。親には言えないようなお金の問題も抱えています」と編集部にメールをくれた、29歳の男性だ。

遅刻はなぜダメなのか?

遅刻はなぜダメなのか――。カツヤさん(仮名、29歳)とちょっとした議論になった。

5年ほど前に発達障害と診断されたというカツヤさん。取材当日は待ち合わせをした喫茶店に10分ほど遅れて現れた。そして「時間を守れないのは、ADHD(発達障害の1つ、注意欠陥・多動性障害)の最たる特性なので」と言って席に着いた。カツヤさんは発達障害をめぐる社会のあり方についてこう訴える。

「社会の構造が“定型発達”に向けたつくりになっている。だから私たちのような“非定型発達”が障害扱いされる。いろいろな“非定型発達”も認めることではじめてバランスの取れた社会になるのではないでしょうか」

ここで言う「定型発達」とは発達障害ではない人、「非定型発達」とは発達障害の人のことを指す。私も本連載では一貫して「発達障害のせいで生きづらさを感じる人が増えた背景には社会の不寛容さがある」と書いてきた。カツヤさんと私の主張は大筋の部分で同じといっていいだろう。

では「遅刻」については? 発達障害の人たちの遅刻を、「定型発達」の側はどこまで許容すべきなのか。

カツヤさんは普段からよく遅刻をするという。この日遅刻した理由は「前日の晩に持って行く資料や着ていく服の準備をするのを忘れたから」。また、昨秋に派遣社員の仕事を雇い止めされた理由も「遅刻の多さが原因の1つだと思う」と話す。