「勤務先で慣れないオンライン授業が始まって忙しかったこともあり、4月と5月に夫(真一さん)に会ったのはそれぞれ1回だけです。その代わり、週に1回程度だった電話やZoomの頻度をもう少し増やしてもいいですか、と私から提案して応じてもらいました。毎回2時間ぐらいお話しできて、うそがなくて地に足がついている人だという初対面の印象は変わらなかったです」

5月末に「真剣交際」に入った2人。結婚相談所のルールでは、新たなお見合いや「仮交際」はせず、1人の相手との結婚に向けた話し合いを進める期間だ。3カ月〜半年後には婚約をして成婚退会をするのが理想的な流れだが、実際には途中で別れてしまったり交際期間が長くなるケースも多い。

ここで「決断力」を見せたのは真一さんだった。真剣交際に入って1カ月後にはダイヤの指輪を購入。幸子さんにプロポーズをしたのだ。

昨年9月からの新婚生活を満喫している幸子さん。真一さんは始発で出社する代わりに帰宅は早く、ご飯を炊きながら洗濯物をたたんで幸子さんの帰りを待っていてくれる。勤務先の私立校以外でも講師業をしている幸子さんを「個人で仕事をいただいてくるのはいいことだ」と励ましてくれるという。

「追伸」からにじみ出る幸福

インタビューの直後に幸子さんからの「追伸」メールが届いた。

インタビューの中で、夫と、仕事の話をするという趣旨の話題を、申し上げたかと思います。今のところ、夫は、私のする話題に対し、「わからない」と言うことがありません。その意味でも、ありがたく思います。

定年間近の真一さんとしても稼げる配偶者がいることは心強いはずだ。仕事好きでちょっと変わり者の幸子さんと、おおらかで決断力もある会社員の真一さん。安定感しか感じない幸せな組み合わせだと感じた。

本連載に登場してくださる、ご夫婦のうちどちらかが35歳以上で結婚した「晩婚さん」を募集しております。お申込みはこちらのフォームよりお願いします。

著者:大宮 冬洋