結婚相談所の経営者として婚活現場の第一線に立つ筆者が、日本の婚活事情について解説する本連載。今回は、最近相談が増えてきているというシングルマザーの婚活事情について。小さな子どもを持つ若い女性から、子どもが巣立った後の50代女性まで幅広い世代で再婚希望者がいるそうですが、実はシングルマザーは婚活市場で人気が高いそうです。

医師との再婚を熱望した女性

コロナ禍の寂しさから「家族がほしい」と結婚する人が増えていますが、その中でもシングルマザーの婚活が目立ってきています。小学校低学年の娘がいる女性、明子さん(仮名)もその1人。

コロナ前は、「医師と結婚したい!」と熱望し続けていましたが、なかなかうまくいきません。娘さんが次の学年にあがる前には相手を決めたいという要望もあって、さらに難しい状況でした。担当していた弊社アドバイザーは、正直お手あげ状態。娘さんの学年があがるまでにはあと5か月しかありません。そこで、私がバトンタッチすることにしました。

当時、明子さんが交際を申し込んでいたある医師は、偉そうに頭ごなしに叱ってばかり。お見合い中に「今日はキミの都合に合わせて来てあげたけど、本当は昨日のほうがよかったんだよね」などと文句を言われたそうで、彼女は泣いて帰ってきました。そんな男性なのに「医師」の一点だけで彼女は執着していました。

私はまず「医師にこだわるのはやめよう」と提案しました。なぜ医師がいいのか聞き出してみると、「自分のお父さんが医師だったから」。父親に対して憧れがあったんですね。そこでハッキリ言いました。「再婚したいシングルマザーは、絶対に女の性(さが)は捨てるべき」と。

結局、明子さんは自分が女として医師と結婚したいだけ。再婚したら忙しい再婚相手のケアも大変で、お子さんとの生活リズムや状況が一変することや、再婚相手の職場によってお子さんはが転校することになってもいいのか、習い事など今の生活基盤がすべて崩れていいのか。そのあたりはあまり考えていませんでした。