物語終盤のクライマックス、2人の想いが成就するのか、また主人公の心情へ寄り添うように……ここぞという場面になると、絶妙のタイミングで飛び込んでくる主題歌。

ドラマ好きの皆さんはもちろん、それほどドラマに関心がない方も、何度か目にした光景だと思います。こうした、文字通りドラマティックに使用される、ドラマ主題歌からは数多くのヒット曲・名曲が生まれてきました。

「ドラマ主題歌=ヒット曲」の法則はいつできた?

この「ドラマ主題歌=ヒット曲」という法則は、いわゆる“トレンディ・ドラマ”全盛期の、1990年代初頭に確立されたものであるのは間違いないところ。

その先駆けとなったのは、1991年1月スタート『東京ラブ・ストーリー』(フジテレビ系)の主題歌「ラブストーリーは突然に」(小田和正)、そして同年7月スタート『101回目のプロポーズ』(フジテレビ系)の「SAY YES」(CHAGE and ASKA)の2曲でしょう。

いずれもシングルの売り上げが250万枚以上という歴史的なセールスを記録。これ以降、数多くのアーティストによって主題歌が作られ、ドラマを彩ってきました。

このヒットの法則は、現在においても変わらず有効です。米津玄師も、あいみょんも、星野源も、Superflyも、Official髭男dismも、この“法則”に沿って、数多のヒット曲を生み出しています。

こうしたドラマ主題歌が日本の音楽史の上で重要なファクターとなって、今年でちょうど30年。そんな節目の年(?)を迎えるにあたって、これまでに「最も多くドラマ主題歌を送り出したアーティスト」は誰なんだろうという素朴な疑問が浮かんだ筆者は、調査を敢行してみようと思い立った次第。今回はその結果を、カウントダウン形式で発表していきたいと思います。

対象期間は、1991〜2021年1月クールまでの過去30年間。連続ドラマの主題歌として公式に発表されたもの。シリーズ作品などで同一の曲が使用されている場合は1曲として換算しました。30年という長期間なので、長く活躍し続けているアーティストほど有利なのは致し方ありませんね。