テレワークの導入や自粛生活で、「歩く」機会がガクンと減った分、増えた体重を気にしている人は多いだろう。しかし、歩かなくなったことで気にするべきなのは、体重だけではない。足の健康、ひいては全身の健康状態だ。

「足のむくみ、だるさ、冷えは、あなたの体が発信している『危険信号』です」と注意を促すのは、日本で唯一の「足の総合病院」、下北沢病院の副院長、長﨑和仁氏。とくに通勤で歩いていた分、1日の歩数が激減したオフィスワーカーは要注意だという。

足のトラブルを放置するのが危険なワケと効果的なセルフケアについて、長﨑氏の最新刊『足の先生! 足のむくみ、だるさ、冷え、下肢静脈瘤 どうすればラクになるか教えてください。』より一部抜粋・再構成してお届けする。

足のむくみ、だるさ、冷えは「血行悪化」のサイン

私は足の専門医として、さまざまな足のトラブルを診てきました。むくみやだるさなど、足のトラブルに悩んでいる人は、実にたくさんいます。しかし、症状を自覚していても、がまんしたり、放置したりしている人もたくさんいます。

足のむくみ、だるさ、冷えは、足の「血行」が悪化しているサインです。何も対処せずに放っておくと、症状が進んで、大変なことになってしまいます。さらに、「下肢静脈りゅう」になって、足が凸凹になってしまうかもしれません。下肢静脈りゅうは、血行の悪化が進んで、血管が壊れてしまう病気だからです。

一般的に、下肢静脈りゅうは命に関わるような病気ではありませんが、つらい症状や外見の醜さで悩んでいる人がたくさんいます。そして、自然治癒することがなく、何もせずに放置していると、どんどん悪くなってしまう、厄介な病気でもあります。

とはいえ、早いうちにきちんとケアすれば、お金をかけずに「足の健康」は保てます。日常生活の中で、足の血行をよくするように心がけることで、足の不快なトラブルを解消したり、下肢静脈りゅうの発症や進行を遅らせることが可能です。