2020年から続くコロナ渦で、40代、50代、60代の結婚、再婚希望者が増えている。リモートワークの推奨や、飲食店、商業施設、レジャー施設などの時短営業、人数制限利用などで、人との接触や行動が制限される中、1人で部屋にいることに猛烈な孤独を感じたからだろう。しかし、40代、50代、60代の結婚は、とても難しい。

仲人として、婚活現場に関わる筆者が、毎回婚活者に焦点を当てて、苦労や成功体験をリアルな声とともにお届けしていく連載。今回は、1度結婚に失敗した54歳女性が、昨年の緊急事態宣言明けから婚活を開始。このたび、再婚を決めた。その決め手となったのは何だったのかを追いながら、中高年の再婚について考えていこう。

20代、30代で2度の婚約破棄を経験

淑恵(仮名、54歳)が、入会面談にやってきたのは、昨年の緊急事態宣言が明けて、6月に入ってのことだった。小柄のスリムな体型にふんわりと巻かれたロングヘア、モノトーンのおしゃれな服をまとい、年齢よりもずいぶんと若く見えた。

聞けば、1年前に離婚をしたという。相手は、やはり結婚相談所で出会って結婚した1つ上の男性だった。

「結婚生活は、10カ月でした。そのときが、人生で初めての結婚でした」

50歳での結婚は、晩婚だ。とはいえ、それまでには、2度ほど結婚を考えた男性がいたという。

「1回目は、20代後半のときです。3年ほどアメリカで生活をしていたので、そのときに婚約したアメリカ人でした。日本で暮らすことになったので、私が先に帰国。ところが、遠距離になったら、“言葉もわからないし、日本で暮らすのはやっぱり無理だ “と、婚約を一方的に解消されました」

2回目は、30代後半のときだ。

「彼の実家が、家族で会社を経営していたのですが、結婚の準備を少しずつ始めていたときに、倒産をした。多額の借金を背負うことになって、彼から、『こんな状態では、結婚できない。時期を見たい』と言われました。私は支えていくつもりだったので、その後も連絡は取り合っていたのですが、彼は借金返済に追われて精神的余裕がなくなっていた。『一緒にいることが、つらい』と言われて、徐々に疎遠になっていき、結婚の約束も自然消滅的になくなりました」

その後は、恋愛はするものの、結婚まで至るような関係になれる男性に巡り合うことはなく、歳を重ねてしまった。