コートを着たり重ね着でごまかしたりできない夏のファッションは、実はコーディネートが難しい、と悩む人も多いよう。とくに、ハーフパンツスタイルは、上に何を合わせればいいか、どう着こなすとオシャレに見えるかの正解がわからないという声も。

『見るだけでパっと決まる! 男子ファッション最強図鑑』の著者、山本あきこさんが間違いのない“男のハーフパンツの着こなし方”を解説します。

まるで「川遊びの少年」スタイルに⁉

この季節、男性ファッションアイテムとして重宝するのがハーフパンツ。

商品名によってはショートパンツともハーフパンツとも呼ばれますが、厳密な定義の違いはないようで、ハーフパンツは丈がひざよりちょっと上くらい、ショートパンツはそれと同じくらいかそれよりも短いものを指すというイメージ。ここでは「ハーフパンツ」という名称で統一します。

とくに今年はどのブランドもさまざまな種類のハーフパンツを展開していますから、「今まであまりはいたことがなかったけれど今年はチャレンジしてみたい」という人もいらっしゃるのではないでしょうか。

見た目もはき心地も涼しくラクなハーフパンツですが、1つ問題があります。それが、ハーフパンツをはくと子どもっぽくなってしまいがちな点です。

とくに、上にタンクトップ1枚を合わせてしまうと、まるで「川遊びの少年」に。小学生のお子さんに交じってもわからないようなお子様スタイルになってしまいます。

これこそが「ハーフパンツの落とし穴」です。

もちろん、海外旅行に行った際など人目が気にならない開放的な場面であればそれでもいいと思うのですが、大人スタイルを目指すのであれば、少々注意が必要。

今回は、そんな、ハーフパンツのさりげなくオシャレな着こなし方についてお伝えしましょう。

まず、ハーフパンツのほどよい丈感について。

とくに何センチから何センチといった細かいルールはないのですが、NGな丈が1つだけあります。それが、ふくらはぎのいちばん太い部分で止まる“半端丈パンツ”です。この丈ははきこなすのがかなり難しいので、避けるのが無難でしょう。