アラフォーになって、結婚相談所にやってくる女性のほとんどが、「最後のチャンスに子どもが欲しい」と言う。個人差はあるが40代半ばくらいまでが、妊娠できる年齢だと言われているだからだろう。また、晩婚化の進む現代では、不妊治療も多く行われている。しかし、不妊治療をしたからといって、必ずしも子どもが授かるわけではない。

仲人として、婚活現場に関わる筆者が、毎回婚活者に焦点を当てて、苦労や成功体験をリアルな声とともにお届けしていく連載。今回は、つらい不妊治療が夫婦の亀裂を生み離婚。そこから再起し、婚活をリスタートさせた女性のストーリーを綴る。

子どもを授かるなら年の近い男性がいい

「このたび、離婚をしました。つらい不妊治療を経て妊娠し、流産をして傷ついているときに、元夫や元姑から、信じられないようなことを言われました。もう、心身ともにボロボロです。でも、やっぱり諦められない。もう42歳になってしまったので、(子どもを授かる)時間も待ったなし。もしかしたら授かれないかもしれないけれど、後悔はしたくないので、もう一度、婚活をすることにしました」

事務所に再入会の面談の面談にやってきた昌子(仮名、42歳)は、神妙な面持ちで言った。

彼女が同い歳の吉次(仮名)と結婚を決めて、成婚退会をしたのは2年前のことだ。お見合い婚活をスタートしたのは39歳のときで、40歳になってすぐに結婚が決まった。

昌子は婚活を始めた当初、「どうしても最後のチャンスに子どもが欲しい」と言っていた。そして当時、「今から子どもを産んで育てるなら、男性はできるだけ自分の年に近い人がいい」と考えていた。

結婚相談所で活動をしたことのある女性なら誰もが周知だが、申し込みをかけてくる男性は、かなり年上層が多い。女性が39歳だと、男性は、40代後半〜50代が多く、時には、60代の男性からも申し込みがくる。

男性側も初婚者は、「最後のチャンスに子どもが欲しい」と思っているので、結婚するなら1歳でも若い女性がいいと考えているからだ。しかし、20代やアラサーに申し込みをかけてもその層には受けてもらえないとわかっているので、子どもが授かれる可能性のあるアラフォーに申し込みをかける。一方で、条件のいいアラフォー男性は、同世代のアラフォー女性とは、結婚をしたがらない。