ポロシャツ姿が凛として見える人とだらしなく見える人の差はどこにあるのでしょうか。

ビジネスシーンのポロシャツといえば「台襟がついた」もの。いわゆるビズポロと呼ばれるタイプを選ぶことは、もはや常識かもしれません。ですが「合わせるパンツ」と「ポロシャツの生地感」が、その印象を左右することはあまり知られていません。

休日のポロシャツにチノパンはよく合いますし、チノパンが許容される会社があることも事実です。それでもオフィスで身に着けるビズポロには、「別のコーデ法則」が求められます。

そこで今回は真夏のビジネスシーンを洗練させる「ビズポロの着こなし」について、のべ4800人以上のビジネスマンの買い物に同行してきた服のコンサルタントがお伝えします。

ビズポロがチノパンに合わせづらい意外な理由

ワイシャツのように台襟がついたビズポロ(LESMUESポロシャツAOKI)

「コーディネートの顔」になる襟立ちは、全身の印象を大きく左右します。そのためビジネスシーンに合わせるポロシャツは、ワイシャツ同様の襟型でしっかりしたもの。いわゆるビズポロと呼ばれるものを選びます。ところが襟がしっかり見えるポロシャツほど、実はチノパンに合わせづらいのです。

「ポロシャツにチノパンが合う」というイメージは幅広く浸透していますが、その理由がフニャっとした「カジュアルな襟に合う」ことはあまり知られていないようです。これは休日の白シャツ代わりに、白いワイシャツを合わせる人がいないことに通じます。つまり「襟の印象」と「パンツのドレス感」は無関係ではありません。

スーパークールビズ導入当初、襟がしっかりしたビズポロは今ほど浸透していなかったため、当時のオフィスカジュアルにはチノパンが馴染みました。ところがビズポロの進化に伴い、今まさに「着こなしのアップデート」が求められていたのです。

では襟がしっかりしたビズポロには、いったいどんなパンツが合うのでしょうか。