駆け出しの新人漫画家だったぺス山さんが、意気揚々と向かったアシスタント現場で直面した出来事……。

それは雇用主でもある漫画家X氏からのセクハラだった。

「女の体に生まれたからこんな目に遭うんだ……」

自身が生まれもった体を恨み、漫画も描けなくなったペス山さんが己の過去、友人、親と対峙しつつ、「女(じぶん)の体をゆるすまで」を描いた、話題のジェンダー・エッセイコミック。

漫画『女(じぶん)の体をゆるすまで』(小学館)より抜粋してご紹介します。

著者:ペス山 ポピー