警察官になることをめざし、希望を胸に警察学校に入学した若者たち。彼らの前に立ちはだかるのは、新たに赴任してきた義眼の担当教官・風間公親。

彼は新入生たちに「卒業させるつもりはない」と宣言。

「警察学校は、警察官の資質に欠ける者をはじき出す篩(ふるい)である」。いったいその言葉の真意とは?

警察学校で学ぶ学生たちの青春、そして悩み、葛藤――。漫画『教場』(小学館)より抜粋してご紹介します。

著者:長岡 弘樹,みどり わたる