こんにちは。生きやすい人間関係を創る「メンタルアップマネージャ®」の大野萌子です。

コミュニケーションについての悩みの中には、「言いにくいこと」を抱え込み、困ってしまった、というケースがよくあります。そうした「言いにくいこと」の代表的な例が「断ること」です。

取引先からの依頼、友人からのお誘い、急な頼み事……。断りたくても、「NO」と言えば相手に嫌われてしまうのではないかと思い、結局引き受けてしまった、というのはよくある話です。

人と協調するように、と教えられて育つ日本人は、どうしても断ることを躊躇する傾向があります。しかし、断ることこそ大切なコミュニケーション、今回はそのコツを拙著『困ったときの言いかたルール:「言葉選び」「タイミング」「心くばり」』の中から、お伝えしたいと思います。

「NO=拒絶」ではない

仕事はもちろんのこと、プライベートでもすべての依頼や誘いにYESと言うのは難しいものです。だからこそ、まずは「NO」と言うことへのためらいをなくしてください。ビジネスではとくに、きちんとこちらの意思を伝えなければ誤解やトラブルを生んでしまいます。

例を挙げてみます。

Aさんに、取引先のBさんから仕事の依頼が来ました。Bさんは昔からの知り合いです。受ける気はなかったのですが、その場ですぐにはっきりと断るのはちょっとためらわれ、Aさんは次のような返事をしました。

「検討させていただきます」

このような言い方はビジネスではよく使います。

当然、Bさんは付き合いのあるAさんに期待を寄せます。「検討する」と言われたので返事を待ちました。

その間、せかしてもいけないと思い、連絡も取らずにギリギリまで待ちました。それでも返事がなかったので連絡を取ったところ、NOの返事でした。