フランスに住む日本人女性のくみと、日本に住んだ経験を持つフランス人男性のエマニュエルが日本とフランスの相違点について語り合う本連載。新型コロナウイルスの影響もあって、約1年9カ月ぶりの連載再開となりますが、今回はまさに「コロナでフランスに起きた大変化」について2人が感じていることを話し合いました。日本人が感じていることと何か違う点はあるでしょうか。

とても同じ国とは思えないくらい変わった

エマニュエル : コロナの影響もあってくみと話すのももう1年以上ぶりかな。2019年以降はフランスもまったく変わって、とても同じ国とは思えないぐらいだよね。

くみ : そうね。つい最近ワクチン2回接種者が8割を超えて、ロックダウンしていたころに比べたらかなり普通になってきたけど、まだまだもとの生活からはほど遠いね。何より普段の生活で一切マスクを付けなかったフランス人がマスクを付けてる時点で別世界よね。

エマニュエル : 一番大きな変化はやっぱり仕事だと思うんだ。ロックダウン以降導入されたさまざまな規制措置や、マスクの着用や社会的距離などの影響によってテレワークの位置づけが完全に変わってしまった。

もちろんコロナ以前もテレワーク自体は公共、民間問わず存在はしてたけれど、ほとんど見られなかった。だから以前は、テレワークしている同僚のことを “ビーチでテレワーク”しているなんて社内の廊下で冗談を言ったりしていたから、社内の評価を気にする社員たちには、テレワークを頻繁にすることはすすめられていなかった。

1週間のうち1日以上テレワークすることがなかなかできなかったのは、たくさんの人がテレワークできるようなシステムがそもそも準備されていなかったし、社内でのチームワークが保証されないという考えもあったからだ。

こんな考え方は最初のロックダウン以降完全に変わって、今では会社がどれくらいの日数出社できるかを交渉でき、週に2日以下しかテレワークを認めないなんてことはほとんどなくなった。