9月28日、櫻井翔と相葉雅紀がともに結婚したことが同時に発表された。嵐では、二宮和也に次いでの結婚ということになる。一般に、ジャニーズアイドルが結婚することはリスクを伴うことと考えられがちだ。しかし、今回の2人の場合は、ファンを中心に祝福ムードに包まれたのが印象的だった。それはなぜなのか?理由を探ってみたい。

流れを変えた木村拓哉の結婚

ジャニーズアイドルの結婚の歴史を振り返ったとき、多くのひとが思い出すのはSMAPの木村拓哉の場合だろう。彼の結婚は、ジャニーズと結婚の関係を変える大きな分岐点になった。

2000年11月23日、スポーツ紙が木村拓哉と工藤静香の結婚をスクープ。SMAPのツアー中だった木村は、その日のコンサート後に会見を開き、結婚すること、相手が妊娠中であることを認めた。そしてその翌々日の東京ドーム公演で、彼は報道が先になってしまったことをファンに詫びたうえで、「オレ、今度結婚します」「いままでどおり一生懸命頑張って、いままでどおりの自分でいようと思います」と決意を述べた。このとき、木村拓哉は28歳。