上野動物園で生まれた雄と雌の双子のジャイアントパンダの名前が10月中旬以降に発表されます。かつては商標登録で悩まされたこともあるパンダの名前。世界では、料理名など多彩な名前がパンダにつけられています。

上野動物園で6月23日に生まれた双子のジャイアントパンダが10月1日に100日齢を迎えた。9月28日の体重は、雄も雌も5550gで全く同じ。動ける範囲も広がってきた。歯は9月28日時点で雄が5本、雌が8本生えている。これまで母乳と人工乳だけで育っているが、しばらくすれば固形物も食べられるようになるだろう。

上野動物園は、双子のパンダの「名前候補選考委員会」を9月29日にオンラインで開催した。ちょうど、日本に初めてパンダが来るきっかけとなった日中国交正常化から49年目だが、この日になったのは偶然。選考委員は、女優で日本パンダ保護協会名誉会長の黒柳徹子さんら6人が務めている。

名前は8月7日〜20日に公募した。応募できるのは1人1回で、雄・雌の名前を1点ずつ、それぞれカタカナ9文字以内という決まり。19万2712件の応募があり、この中から委員会で候補を選んだ。

上野動物園で生まれた雄(左)と雌(右)。2021年9月27日(写真:公益財団法人東京動物園協会提供)

名前は、パンダの所有権を持つ中国側にも確認したうえで東京都が決定し、10月中旬以降に発表する。

決定した双子の名前に関する権利は、上野動物園を運営する東京動物園協会に帰属する。委員会の開催から名前の発表まで、最短でも2週間近くある。この間に東京動物園協会が名前を商標登録すると見られる。