台湾で2人の男の子の子育て真っ最中の神谷知佳が台湾の育児事情などについてお届けします。今回は台湾生活で意外とハードな「ゴミ捨て事情」についてのお話。

台湾生活でネックな「ゴミ捨て」問題とは

日本人が台湾に住み始めると、いちばん始めにぶち当たる壁。それは「毎日のゴミ捨て」問題。

管理人さんが常駐しているマンションなどの場合は別ですが、一般的な住宅の場合、ゴミ捨て場がなく、地区別に決められたゴミ置き場もありません。そのため、台湾での毎日のゴミ捨てはとてもハードなのです。

決められた日時にゴミ収集車が来たら…

台湾のゴミ捨てのシステムですが、収集車を見つけたら、自分でゴミを収集車に持っていくシステムなのです。ゴミをまとめて置いておくと、収集車が持って行ってくれる日本とは逆ですね。

(写真:Domani編集部)

ゴミ収集車を「待つ」か「ダッシュで追いかける」

「どうやってゴミ収集車に持っていくのか?」ですが、決められた曜日の決められた時間に決められた場所にやって来るゴミ収集車を待つ、もしくは、「エリーゼのために」や「乙女の祈り」(地域によって曲が異なります)が、どこからともなく爆音で聞こえてくるので、その曲が聞こえたら毎日ダッシュで外に出て、ゴミ収集車を追いかけ、自分でゴミを放り込みます。