11月末に、2020年国勢調査の人口等基本集計の確定結果が発表されました。そちらの配偶関係別人口に基づき、2020年時点の50歳時未婚率を算出してみたいと思います。

50歳時未婚率とは、厳密には50歳の未婚率ではなく、45〜49歳の未婚率と50〜54歳の未婚率の平均値を指します。アラフィフの未婚率とお考えいただければよいかと思います。

男女とも生涯未婚率は過去最高に

実は、この50歳時未婚率は、かつて生涯未婚率と呼ばれていました。それは、50歳を超えてからの初婚が著しく少ないために、それを超えたら生涯未婚であると認定しても支障がないという判断だったからです。

とはいえ、晩婚化の進行もあり、50歳以降で初婚が決してないとはいえないという事実もふまえ、呼び方が、生涯未婚率から50歳時未婚率と変更になったようです。

しかし、晩婚化が進んだとはいえ、50歳を超えての婚姻は再婚が多く、2020年に人口動態調査を見ても、初婚ベースでの50歳以上初婚構成比は男性1.6%、女性0.7%と微々たるものです。

50歳を超えての初婚は今でも男女ともほぼ難しいと考えてよいでしょう。よって、本記事では、以前の呼称通り「生涯未婚率」として呼ぶこととします。

未婚率の計算式は、総数から配偶関係不詳や年齢不詳を除いたもので計算するのが今までのルールです。

生涯未婚率=((「45-49歳の未婚者数」÷(「45-49歳総数」-「45-49歳配偶関係不詳数」)+「50-54歳の未婚者数」÷(「50-54歳総数」-「50-54歳配偶関係不詳数」))÷2

2020年の値もそのルールに従って算出します。

2020年の生涯未婚率(外国籍者を含む総数による)は、男25.7%、女16.4%でした。国勢調査が開始された大正時代の1920年からの長期推移のグラフを見れば一目瞭然ですが、男女とも過去最高記録を更新しました。

5年前の2015年が、男23.4%、女14.1%ですから、男女ともそろって2.3ポイントずつ上昇したことになります。男性の4人に1人、女性の6人に1人は生涯未婚となりました。ちなみに、日本人だけに限れば、男25.8%、女16.5%とほんの0.1ポイントだけ高くなります。

(※外部配信先では図をすべて閲覧できない場合があります。その際は東洋経済オンライン内でお読みください)