椎間板の約80%は水分だといわれていますが、歳をとると、その水分が少なくなり、椎間板はどんどん硬く、薄くなっていきます。ねこ背の人の場合、椎間板が間違った方向に圧迫され、さらに薄くなります。

一方、骨盤も、加齢や「脚を組んで座る」などの癖によって、少しずつゆがんでいきます。骨盤がゆがむと、身体はそれに合わせてバランスをとろうとするため、骨盤につながっている背骨や脚の骨などもゆがんでいきます。身長が縮む原因の一つであるねこ背やO脚は、骨盤のゆがみによって生じることが多いのです。

骨盤のつまりやゆがみによって引き起こされる

さらに、背骨や骨盤がつまったりゆがんだりしていると、そこにくっついている筋肉や血管、神経がゆがんだり圧迫されたりします。すると、必要以上に負担がかかって、一部の筋肉が硬くなる、内臓を支える力が弱くなり、内臓が下がってくる、体内の各部位に必要な栄養やホルモン、神経伝達物質がいきわたらない、老廃物がうまく処理されない、といったことが起こります。   

それに伴い、内臓の機能が衰えて代謝が悪くなったり、肩こりや腰痛、神経痛、冷え、むくみ、便秘などが生じやすくなったりするのです。

このように、身長の縮みは骨盤のつまりやゆがみによって引き起こされることが多く、何もせずに放っておくと、年齢を重ねれば重ねるほど背は低くなっていきます。

そして、背骨と骨盤のつまりやゆがみは、やせにくい身体をつくり、さまざまな身体の不調の原因にもなります。つまり、身長の縮みは、老化や病気のバロメーターであるといえるのです。もし健康診断のたびに、わずかでも身長が縮んでいたとしたら。それはあなたの体が歪んでいるからかもしれません。

骨盤・背骨ストレッチに必要な道具は1つだけ。それが、この「バスタオル枕」。家庭にあるもので簡単にできるので、さっそく作ってみましょう。