チームのコミュニケーションが少ない、メンバーがやる気になってくれない、成果も出ない、そして、みんな組織に対して諦めムード……。変化の多い現代は、リーダーにとって悩みのタネだらけです。リモートワークで物理的な距離ができただけでなく、経営層と現場の壁、ベテラン世代と若手世代の価値観の壁などに阻まれ、チームの心の距離まで離れてしまいがちです。

「うまくいかないときは、チームの関係性から見直してみてはいかがでしょうか」と語るのは、起業家、経営者であり、ビジネス・ブレークスルー大学でも教鞭を執る斉藤徹氏です。「売り上げなどの“結果”を作ろうとすると、チームは負のサイクルに陥ります。はじめに“関係性”をよくすること。するとチームメンバーの“思考”と“行動”を高めやすくなり、“結果”がついてきます」。斉藤氏の新刊『だから僕たちは、組織を変えていける』から、そのヒントを紹介します。

「石の上にも三年」という言葉は死語になり、近年は新入社員の3割が3年以内に辞める時代です。なんと最近では、入社1カ月で辞める人も後を絶たないようです。いったい何が原因なのでしょう。

入社後すぐ辞めた理由で最多だったのは…

2021年12月7日、転職支援サービスのビズヒッツ(三重県鈴鹿市)が、入社後すぐ(1カ月以内)に転職した経験を持つ383人を対象に行った、「入社後すぐに転職した理由ランキング」を発表しました。

この結果で断トツ1位になったのは「人間関係への不満」でした。「社員同士がギスギスしていた」「上司が体育会系のノリで合わなかった」「経営者の態度が傲慢だった」など、その背景はさまざまです。

この状況に頭を抱えているのが、現場のリーダーです。自分ではどうすることもできない「職場の人間関係」ですが、その改善のためにリーダーができることとは何でしょうか。

職場の人間関係を改善するために必要なものとして、近年、特に注目されているのが、「心理的安全性」です。他人と自然に話せて、メンバー全員が想定外の事実や異論を冷静に受け入れられる。そんな場づくりが、対立のない人間関係には必要とされています。

場の心理的安全性に最も大きな影響力を持つのは、その場におけるリーダーです。ここでいうリーダーとは、上司や指導的な立場の人物など、そのチームにおける権威者を指します。実は多くの場合、場のリーダーは心理的安全性に悪影響を及ぼしているのです。

その1つの理由は、リーダーは「メンバーの行動を評価する役割」を持つことが多いためです。