仕事や人間関係、家事など、がんばればがんばるほど肩に力が入り、うまくいかなくなる……。こんな経験を持つ人も少なくないかもしれません。まじめな人ほど、周りの目が気になり、肩に力が入りやすいといいます。

「肩に力が入った状態は健康にもよくありません。つねに緊張を感じ、リラックスできません。結果、自律神経のバランスが乱れ、健康を害するのです」と指摘するのは、順天堂大学医学部教授の小林弘幸氏です。

なぜ肩に力が入ってしまうのか? 力を抜くにはどうすればいいのか? 同氏の新刊『小林教授の肩の力を抜くとすべてよくなる』をもとに解説します。

1回目の記事はこちら/2回目の記事はこちら

2020年来のコロナ禍は、私たちの体調のリズムを崩し、精神的な余裕を奪い、不安を大きくしています。こうした状況では物事がうまく運ばず、気持ちが落ち込みます。それが自律神経に悪影響を与え、余計に肩に力が入るという悪循環につながります。

自律神経が乱れる5つのシチュエーション

私は長年、自律神経について研究しながら、そのバランスが崩れるシチュエーションを観察してきました。その結果、次の5つの状況になったときに、自律神経に乱れが生じると考えています。

①余裕がないとき(時間がないことも含む)
②体調が悪いとき
③自信がないとき
④想定外のことが起きたとき
⑤環境が悪いとき

この5つをコロナ禍にある今の私たちに当てはめてみると、どれも身近にある状況だと気づくはずです。

①余裕がないとき→コロナ禍ではいろいろと行動が制限され、心に余裕がなくなります。
②体調が悪いとき→コロナ禍では程度の差はあれ、少なくない人が体調を崩しています。
③自信がないとき→コロナ禍では過去の経験が通用しない場面が続き、仕事でもプライベートでも判断に自信が持てません。
④想定外のことが起きたとき→コロナ禍そのものが、まさに想定外です。
⑤環境が悪いとき→1日中マスクで口をふさがれ、気軽に外食も旅行もできないなど、生活環境は悪化しています。